FC2ブログ
2013年05月17日 (金) | Edit |
春爛漫のある日、小学校の恩師を囲んで
少人数の「お集まり会」を開催しました。

関東地方から4人、福岡からはちゃまるこ。

時刻表

故郷が近付くと、見覚えのある山や川が車窓を走り過ぎます。
若い頃は、好きでなかった故郷でしたが、
歳を重ね、いるべき人が亡くなり、青春まで過ごした実家もなくなり
今は、懐かしく思います。

中学時代の通学路にあった地蔵院は健在、

地蔵院

夏はかき氷を食べに行っていた店はスナックに!でも、佇まいは変わらず、

子共の頃に遊んだ田んぼも川もなくなっていたけれど
小川の辺にちょこっと残っていた祠、
あの狭い小川を飛び越せなくって泣いてたっけ!

お寺さんもずいぶん立派に建て替わり、杉垣だった塀も白壁に変わり~
「そりゃあ、そうだよなあ、半世紀以上過ぎたのだもの」なんて独り言
祖父母と母、お先祖様のお墓で参りを済ませました。

蓮寺寺

数十年過ぎ、高速道路が出来て風景は大きく変わりましたが、懐かしさでいっぱい
岡山駅辺りもずいぶん都会化して、行く度に背高のっぽのビルが建っています。

__ (214x300) (2)

  『岡山を代表する桃太郎さんの像』

__ (224x300)

  『昔の名残が懐かしい中筋商店街』

今回は友人と相談して全日空ホテルで一泊。

全日空ホテル (214x300)

楽天トラベル株式会社

その夜は、遠方組で前夜祭!
瀬戸内海の新鮮なお魚と熱燗は最高の組み合わせです!

sakana.jpg

幼い頃の思い出話を何度も繰り返し、夜は更けていきました。

翌日は、本番の90歳におなりの先生をお迎えしての昼食会です
絵画がご趣味の先生は、さすがに色彩感覚抜群のファッションで登場なさいました。

若々しいご様子に、「だあれが生徒か 先生か?♫」
懐かしい顔、言葉、思い出がご馳走を盛り上げてくれました。
楽しい時間って、どうして止まってくれないのでしょう!

昼食会の後、みんなで行った岡山市後楽園も久し振り
新緑から深緑へボチボチ変化の季節でした。
色とりどりの緑いろの、決して同じ色のない「みどり」も堪能しました。

うじょう

歩き疲れ、お喋り疲れで休憩したお茶屋さんでのお抹茶の美味しかったこと
みんな、歳を忘れて少年・少女の顔で、言葉で思い切り楽しみました。

ある人は新幹線で東京・埼玉へ
ある人はもう一泊して飛行機で埼玉、千葉へ
私は、鹿児島行き「さくら号」にて博多まで
お世話をして下さった地元の友人に感謝!強調文"border:none;" />

☆★☆ 健康・美容・お小遣い稼ぎは ☆★☆

☆★☆ キレイだけじゃないプラセンタ ☆★☆



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック