☆★筥崎宮のことと思い出です!

先日、友達と冬牡丹を観に行った筥崎宮について

調べてみました。


鎮座地・・・・・・福岡市東区箱崎1-22-1

アクセス
【福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
アクセス


筥崎宮は筥崎宮八幡宮とも称し、宇佐、石清水両宮と共に日本三大八幡宮に
数えられています。御祭神は応神天皇(第十五代天皇)を主祭神として神功皇后、
玉依姫命がお祀りされていうそうです。
また、鎌倉中期、蒙古(もうこ)襲来(元寇)のときに、俗に云う神風が吹き
未曾有の困難に打ち勝ったことから、厄除・勝運の神としても有名です。
福岡を拠点に活躍しているソフトバンク・ホークスも、毎年「優勝祈願」に球
団を挙げて参拝している様子が報道されています。
明治18年には官幣昼社に、大正3年には官幣大社に釈迦くを進め、近年では
玉取祭や放生会など四季を彩どる杜として、福博の人々に親しまれています。



同じ東区に住んでいますので、

七五三、厄払いなどことあるごとに筥崎宮へお参りしました

お正月の三社参りには絶対に外せません。

長い、長い列に並び、海風が吹いてその寒いこと

家族全員手を合わせて、家内安全をお祈りします。

IMG (350x230) (2)

1月3日には、有名な行事のひとつ、「玉取祭」


「玉取祭」(玉せせりと呼ばれています)が盛大に行われます。触れると悪事災難を
逃れ幸運を授かるといわれる木製の玉をめぐって締め込み姿の競り子達が激しい争奪
戦を繰り広げるのだそうです。
(これは未体験)


9月中旬に行われる「放生会(ほうじょうや)」


博多の三大祭り放生会は「すべての生命あるものをいつくしみ、秋の実りに感謝する」
お祭りです。その起源は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」という
御神託によるもので、千年以上続く最も重要な祭典です。また、一年おきに御神幸
(御神興行列)が行われ、七日間の期間中は参道一帯に数百軒の露店が立ち並ぶ、
九州随一の秋祭りです。


放生会(はこざき)


「放生会」は子供達が一番楽しみにしているお祭りです。

家族も揃ってよく行きました。

夏休みが終わり、9月の最初の連休の夜です

お風呂に早目に入って、揃って出掛けます。

息子は何度迷子になったでしょう。

その度に、自分で警察の詰め所に行くのです。

大きな声で「〇〇クンのご家族のの方~」と放送されます。

「はずかしかあ~」です。

甘栗屋さんの呼び声、新生姜、それにイカ焼き、トウモロコシ、焼きリンゴ~


放生会には欠かせないちゃんぽんも~

ちゃんぽん

昔ながらの露店が延々と参道に並びます。

美味しい香りがただよい、雑踏の中で子供達の眼がランランと光り、

お母さんはついついお財布の紐を緩んじゃうのです。

懐かしい思い出。


筥崎宮の行事は四季を通じてたくさんあります

書ききれないほど


先日は、花庭園に行きましたが、

紫陽花苑もあり、梅雨の季節には

いろいろな種類の紫陽花が見事な姿を見せてくれます

紫陽花の宝石 (350x261)
まるで宝石箱のようでしょ!

紫陽花苑1 (350x262)
神秘的?

DSCN0107.jpg
可愛いでしょ!

2箱崎宮紫陽花苑 (300x225)
ちょっと大人っぽい?

まだまだ紹介したい紫陽花がいっぱいありますが~。

このへんで~

アクセスは前に記していますが、福岡天神からも地下鉄、バスが出ています
「九大前行き」にご乗車、「箱崎宮前」で下車して下さいね。

:⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ :







☆★暖かい陽気に誘われて♪♫

まだ2月なのに、桜が咲いていそうな陽気

街ゆく人はコートを脱いで、足取りも軽やかです

ああ、みんな春が待ち遠しいのかなあ?


北国の人の思いはもっと強いのでしょうね!

あと、もう少し、春はそこまで!


そんな2月の暖かい陽気に誘われて、

福岡市東区箱崎の「筥崎宮花庭園」に行きました。

天神から九大前行きのバスで10分余り。
(西鉄バスが博多駅からも出ています)


でも、ウッカリはいつものこと間違えて

九大病院前行きに乗っちゃって、かなりの距離を歩きました。

アクセス 
【福岡市営地下鉄】 箱崎宮前駅下車→徒歩3分(1番出口)
【JR鹿児島本線】 箱崎駅下車→徒歩8分
【西鉄バス】 箱崎下車→徒歩3分
【JR九州バス】 箱崎1丁目下車→徒歩2分
アクセス

箱崎宮については後ほど~

まず、美しく咲き誇っていた

冬牡丹とその仲間をご紹介しますね



まず、入り口で拝観券を購入しました

拝観券

中に入ると、お見事な冬牡丹がお出迎えです


箱崎宮冬牡丹3


筥崎宮花庭園は、冬のお花でいっぱい!!

コモの雪かこいの中で、冬牡丹は咲いています。


箱崎宮冬牡丹2 (260x350)


箱崎宮冬牡丹4 (253x350)


P1000892 (258x350)

淡いピンクの花びらが可憐です。

P1000891 (292x400)

真っ白い花びらは紙細工のようでした

P1000906 (249x350)

 
 
箱崎宮紅梅 (263x350)


P1000904 (350x263)

多くの花びらで花庭園は賑やかでした

P1000900 (350x257)

福寿草もあちこちに花をさかせています


P1000894 (350x262)

何処かからよい香り、沈丁花です。春の香りです

この日、福岡は15度まで気温が上がり、上着を脱いで

花庭園をめぐりました

ご婦人の団体客の歓声があちこちで聴こえてきます。

テレビ局の撮影もされていました。

穏やかで、静かな時が流れていきます。

いつまでも平穏が続きますように


.:⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ :
 

★☆お誕生日のプレゼントは何にしようかしら?

ちょっと気持ちがグラグラしている間に

ドンドン、ビュンビュン時間が過ぎてしまって

いつもの悪いくせなのです


気が付けば、彩乃のお誕生日が迫っています

今年で14歳になる彩乃

産まれる前日の様子、産まれた日の様子、

それから、ずーっといろんなことが思い出されます

大きな声で泣いて、たくさんおっぱいを飲んで

とっても元気な赤ちゃんでした

IMG (350x239)
 

み~~~んなから愛情いっぱいもらって

もう、14歳なんだなあ、って感無量


一年に何度しか会えないけれど

可愛い声で電話をくれたり、メールをくれたり

その度に嬉しくて、嬉しくて~


今は、お勉強(学習塾)とバレエのレッスンと

大忙しの毎日みたいです


プレゼント、いろいろと探してみました 


キャンバス ショルダーバッグ 花柄 marimekko マリメッコ クローバー ショルダーバッグ 雑誌掲載 ブログで大人気 トートバッグ 色鮮やか ウニッコ柄 

キャンバス ショルダーバッグ 花柄 marimekko マリメッコ クローバー ショルダーバッグ 雑誌掲載 ブログで大人気 トートバッグ 色鮮やか ウニッコ柄 


明るい春の足音はもう少しだけれど、

やはり、明るい色合いがいいわね

コーチ COACH キーホルダー キーリング ハート F68560 送無

コーチ COACH キーホルダー キーリング ハート F68560 送無


もう、14歳!

ちょっと大人の雰囲気のオシャレをしたい時期!

これも、いいなあ

COACHのキーホルダーが超お買い得、うれしいお値段でした



お花が大好きな彩乃、ちょっと子供っぽい?


バルーンフラワー【日比谷花壇】【ネット限定】「HAPPY BIRTHDAY」

バルーンフラワー【日比谷花壇】【ネット限定】「HAPPY BIRTHDAY」


探していると、楽しくなります

来年になっちゃいそうなので、このバルーンフラワーも

いいなあ!って注文しちゃいました

届いた箱の中からバルーンが飛び出す!

ビックリ!驚く彩乃の顔が浮かんでくるようです


ちょっと大人っぽい、COACHのキーホルダーも

別便で送りましょう


人の気持ちの分かる心の優しい女の子でいて欲しい

彩乃!

おめでとう

健やかに、幸せにと祈っています


.:⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ :





☆★オランダ・ハーグ派の絵画をを鑑賞したあとは、城下町長府へ!!

2月1日の続きです

下関市立美術館を出て、近くの城下町・長府を歩きました

長府地図



「長府は、大化の改新後、長門国の国府が置かれたことから

「長府」と呼ばれるようになったと「日本書記」が伝える町

だそうです。江戸時代には長府毛利藩5万石の城下町として

栄え、幕末には維新回天の舞台になったそうです。」




古江小路、横枕小路、壇具川~など歴史を偲ばせる名前が目立つ

町です。


その壇具川に沿って歩きました。

大きな鴨が、川面に浮かびスイスイと泳いでいます。

数えきれないほどの大鴨でした

長府鴨 (350x263)



どの民家も大きくて立派なのに驚きました。

城下町の名残なのかも?

壇具川沿いを散策、お喋りも弾みます


長府 (283x350)


その季節には蛍が飛び交うのか

道路にこういうのがありました



春のような陽気に、オジサンも松子さんも上着を脱いで

勿論、ちゃまるこも~です

しばらく歩いて行くと長府毛利邸が目の前に


「明治36年(1903)、長府毛利家14代元敏によって

建てられた邸宅。

明治天皇のご宿泊所として使われたところです。

重厚な母屋と白壁に囲まれた日本庭園があうのだそうです」



長府毛利邸 (263x350)


が、中を見学する時間はなかったのは残念無念


毛利氏は鎌倉幕府の名名臣大江広元の四男・大江季光を祖とする一族、
したがって大江広元の子孫ではあるが嫡流ではない。
名字の「毛利」は、季光が父・広元から受け継いだ所領の相模国愛甲郡
毛利庄(もりのしょう、現在の神奈川県厚木市周辺)を本貫とする。
中世を通して「毛利」は「もり」と読まれたが、後に「もうり」と
読まれるようになった。(ウィきぺディアより)



古江小路と、なんともゆかしい名前の道路を歩けば

気持ちは江戸時代~?



大きな鳥居と広い石段が見えます。

忌宮(いみのみや)神社です。

忌宮神社 (350x263)


「長門国二の宮で、仲哀天皇、神功皇后が西国平定の祈り、
ここに7年間滞在されたところだそうです」


まずは、家内安全と無病息災をお祈りをして


銀杏 (253x350)

毛利邸 (301x350)


宿禰(すくね)の銀杏

御祭神仲哀天皇・神功皇后・応神天皇にお仕えした

大臣武内宿禰手植えの銀杏と伝えられている古木です。


どれほどの時代を見て、

どれほどの人たちを見てきた銀杏でしょう


古木の先に芽が出ていて、その生命力に感動


恐ろしいほどの迫力を感じました

長府って余りご存じない方が多いかも知れないけど、

人も少なく、のどかで、

それでいてあちこちに歴史を感じさせられる町

また、歴史に残るゆかりの人たちと関わりのあった町



長州藩ゆかりの地でもあります。

お急ぎでない、のんびり旅をお勧めします

2色椿 (350x256)


民家のお庭に咲いていた椿です。


真っ白と淡いピンクの2色の八重椿!


2月とは思えない暖かい一日は「神様のふりかけ」?

             
感謝致しましょう!



★+++++++++++++++++★

 旅のプランは!![span>

楽天トラベル株式会社

 下関のお土産は!!>

たっぷりふぐづくし福袋

たっぷりふぐづくし福袋
  

【送料無料】お買い得! てっさ(ふぐ刺) 2人前 【冷凍発送】

【送料無料】お買い得! てっさ(ふぐ刺) 2人前 【冷凍発送】


下関 やまみの粒うに “粋”

下関 やまみの粒うに “粋”


 

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒










★☆久し振りの絵画鑑賞~下関美術館にて!!

下関市立美術館で「オランダハーグ展」をやっているから

行かないかい?って

オジサンから誘われていました。

数年前に、オランダ・ベルギーを一緒に旅をした

相棒の松子さんを誘って

福岡市から下関市まで、高速道路・九州道を1時間半

もしかして?多分?

中国からの飛来物のPM2.5のせいなのか

青空のはずの空はどんより、

冬の山も霞んでぼんやり


下関美術館 (350x253)



関門橋から見える関門海峡も、港も視界が最悪

本州に入って海沿いに走ると下関市立美術館があります

昭和58年に開館した美術館です

3下関美術館 (262x350)

カール・ミレス(1875年~1955年)『人とペガサス』 1949年制作・ブロンズ


「バルビゾン派」っていうのは有名で、

ミレー、コロー、などの絵を思い出しますが、


バルビゾン派(バルビゾンは、École de Barbizon)は、
1830年から1870年頃にかけて、フランスで発生した絵画の一派である。
フランスのバルビゾン村やその周辺に画家が滞在や居住し、
自然主義的な風景画や農民画を写実的に描いた。1830年派とも呼ばれる。
(ウィキぺディアより)


「ハーグ派」っていうのは知りませんでした


ハーグ派(ハーグは、英語: Hague School)とは、
1860年から1890年までの間にオランダのハーグで活動した
画家たちの呼び名である。フランスのバルビゾン派による
写実主義に大きな影響を受けている。ハーグ派の画家たちは、
くすんだ色合いを多用する傾向にあったことから、
「灰色派 (Gray School)」と言われることもある。
(ウィキぺディアより)

ゴッホ、モンドリアンが初期に影響を受けたのだそうですが~。


オランダ・デン・ハーグ市立美術館の所蔵品を中心に

バルビゾン派の、ミレーやコローの絵も 

見ることができて、大満足でした




数年前に、オランダを旅した時に立ち寄ったのは

デン・ハーグの「マウリッツハイス王立美術館」です 

マウリッツハウス王立美術館 (350x218)


あの有名なフェルメールやレンブラントなどの絵画を

十分に鑑賞して日暮れるまでデン・ハーグの街を

歩いたことを思い出し、

「また、行きたいね!」って言えば

松子さんも、「ウン、ウン」と

こういう時間を共に持てたことに

感謝しました。


オジサン!車の運転、お疲れ様でした


2月14日のバレンタインデーにプレゼントしよう!!

(ブルーの文字をクリックすると詳しいこと書いてます)

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

美味しいチョコレートがいっぱい!!





会員登録するとお得ですよ!





.:⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ :

プロフィール

ちゃまるこ

Author:ちゃまるこ
初めまして!
ちゃまること申します。旅大好きのノホホンとしたオバサンです。
この度、「ちゃまるこのグッジョブ・ブログ」をリニューアル致しました。
アフィリエイトや、ネットワークビジネスを中心にあなたのお役に立てるように精進して参りますのでどうぞ今まで通りよろしくお願い致します。

フリーエリア

★今日もご訪問有難うございます!
★ポチッとクリックお願いします!
hazime-usagi.jpg
人気ブログランキングへ
pochitto_tag
アクセスアップSNSポチッとへ
お気軽にお便り下さいネ!

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

フリーエリア

最新コメント

RSSリンクの表示

フリーエリア

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル





リマーユプラセラ原液

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ