FC2ブログ
2020年02月03日 (月) | Edit |
あなたの元気をサポートする「黒」の力!
アミノ酸含有量「一般の黒酢の46倍!」
貴重な栄養成分でみなぎる元気をお得に実感してみませんか。

黒高麗人参を贅沢に使用している漆黒の力






            
 
 節分の由来

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日のことです。

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、節分は1年に4回ありました。
ところが、日本では立春は1年の始まりとして、特に尊ばれたため
次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

koyomi3.jpg


立春を1年の始まりである新年と考えれば、節分は大晦日にあたります。
平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師達によって
旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。
室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展して
それが民間にも定着していったそうです。

豆まきの由来
節分の豆撒きの行事は、中国の習俗が伝わったものとされています。
豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって
大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っていて、
「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」が豆をまくものとされていますが、
今では家族全員で豆撒きを楽しむところが多いようです。
家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

yjimage (1)


ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でないといけないそうです。
理由は生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。
また、「炒る」は「射る」にも通じ、
また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、
この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、
鬼を封じ込めるという意味があります。
そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。
 (和菓子ミュージアム>歳時記の用語>節分の由来を参考にさせていただきました)





2017年05月26日 (金) | Edit |
 元気に輝くオトナ女子の新習慣!

高濃度で水素を吸蔵させた「水素&ビタミン」サプリメントです。
利用者の95%が14日以内に違いを実感した実力派サプリ




ストレスが発散できず、モヤモヤする。
熟睡感がなく、朝すっきりしない。
昼も夜もやる気がでない。
化粧ノリが悪く、人目が気になる。
自分に自信が持てない。

◆おススメの提案の仕方◆
定期コースに新規お申し込みで初回半額1,980円(税込)&返金保証付き。
さらにネコポス発送で送料無料になるのでお得です!



Pczv6ntFWfUpWq51451933595_1451933627.png