FC2ブログ
2020年02月13日 (木) | Edit |
細長い日本列島、南のあたいです方からボチボチと春の頼りが届いています。
寒い冬、乾燥に耐えてきたお肌をいたわって上げたいですね!

乾燥によるハリ不足に肌専門家注目の高保湿クリーム







今年は全国的に、「暖冬」のようでした。
例年のように、雪による大きな被害は報道されていないようです。
いつもより早く紅梅が咲き、白梅が後を追って咲きました。

20200203.jpg


20200203梅

そして、今は散り花で道路が彩られています。
どじょっこさんやふなっこさんたちは大慌てしていることでしょう

 
2020年02月08日 (土) | Edit |
毛穴の黒ずみが気になりだしたら「Tp200ホワイトソープ」

馬プラセンタと2種類の美容クレイ(泥)で未知の洗い上がり
「Tp200ホワイトソープ」が遂に登場


すっきりなのにしっとり+【Tp200ホワイトソープ】






            

今さらどうということでもないのですが、
私は自分の顔に少々コンプレックスを持っていますので、
堂々と登場する勇気をもっていません。

幼いころから、細いツリ眼がきらいでした。
少女雑誌の女の子のように、顔半分が眼でなくてもいいから、
せめて二重瞼になりたい!と願っていました。

顔の可愛らしさから縁遠いと、子どもながらに感じたのです。
ですが、近所のオバサンたちがよく言ってくれた言葉、
「ケコチャンは色は黒いけど笑顔がカワイイよ!」
褒めるところのない私に、かけてくれた最高の褒め言葉でした!

単純な私は、それからいつもニコニコ  
叱られてもニコニコ  
もともと性格は明るい方でしたので、
よく笑う女の子のまま成長しました。

三つ子の魂百まで~とはよく言ったものです。
年を重ね過ぎた今も、ニコニコは続いているのです。

冬は煖房のせいで#乾燥がひどく、お顔が# カサカサ# 乾燥しています。
笑うとツッパリ、乾燥感いっぱいです。

想いをめぐらしてみました。
# 洗顔がお肌の原点では?
そして、よいものに出会いました。
また、大きな口を開けて、眼をなくして思いっきり笑います。
顔のツッパリを気にしないで!

           
 
2020年02月05日 (水) | Edit |
2月14日の #バレンタインデーが近付いてきました。
この日は女性から男性にチョコレートを贈り愛の告白だけにとどまらず
「義理チョコ」「友チョコ」という言葉も生まれ、今では早春の風物詩になっています。

さあ!私もステキな人に贈りましょうか

神戸洋菓子店フランツ






バレンタインデーの #由来は
発祥の地はイタリア、古代ローマにさかのぼります。
2月14日は、ジュピターの妻である守護神とされる最高の女神、ユノーの祝日で、
翌日15日から春の訪れや豊穣を祝う「ルペルカーリア祭」が催されていたのです。

前日の2月14日に、女性たちがいれた名札を、翌日男性が引いてカップルとなり、
その期間中恋人として過ごします。
そのまま恋に落ちて結婚することも多かったそうです。

ところが、皇帝クラウデイウス2世はローマ帝国兵士の士気が落ちるからと、
兵士の結婚を禁止してしまいました(~意地悪ですね)

そこで、バレンチノ司祭が若者たちを哀れみ、
恋に落ちた二人を密かに結婚させていたのです。
それを知った皇帝は激怒して、バレンチノ司祭を見せしめとし
ルペルカーリア祭の前日の2月14日に処刑しました。

その日がバレンチノ司祭を祀る記念日なって、
恋人たちが愛を確かめ愛し合う日となりました。
( #バレンタインは、「バレンチノ」の英語読み)

こうして、恋人達が愛を確かめ合う日として世界各国に #バレンタインデーが広がり、
お互いにカードやギフト(花、チョコレート、キャンディー、アクセサリーなど)を
贈って愛情を伝えるようになったという #由来です。

 #日本では女性が
男性にチョコレートを贈るのはなぜ


#バレンタインデーといえばチョコレートを思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、
 #バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は #日本独自のものです。

#日本では、1958年頃から #バレンタインデーが流行しました。
一説によると都内デパートで開かれたバレンタインセールで、
チョコレート業者が「 #バレンタインにはチョコを贈ろう」と広告を出し
キャンペーンを行ったのが #由来だそうです。

神戸といえばチョコレート!
チョコレートといえばフランツの濃厚チョコレートケーキ



           

#バレンタインデー #由来 #日本
2020年02月03日 (月) | Edit |
あなたの元気をサポートする「黒」の力!
アミノ酸含有量「一般の黒酢の46倍!」
貴重な栄養成分でみなぎる元気をお得に実感してみませんか。

黒高麗人参を贅沢に使用している漆黒の力






            
 
 節分の由来

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日のことです。

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、節分は1年に4回ありました。
ところが、日本では立春は1年の始まりとして、特に尊ばれたため
次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

koyomi3.jpg


立春を1年の始まりである新年と考えれば、節分は大晦日にあたります。
平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師達によって
旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。
室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展して
それが民間にも定着していったそうです。

豆まきの由来
節分の豆撒きの行事は、中国の習俗が伝わったものとされています。
豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって
大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っていて、
「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」が豆をまくものとされていますが、
今では家族全員で豆撒きを楽しむところが多いようです。
家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

yjimage (1)


ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でないといけないそうです。
理由は生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。
また、「炒る」は「射る」にも通じ、
また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、
この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、
鬼を封じ込めるという意味があります。
そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。
 (和菓子ミュージアム>歳時記の用語>節分の由来を参考にさせていただきました)





2020年01月30日 (木) | Edit |
年末にお申込みをしていた、『シグリッド』が届いて20日が過ぎました
待ちに待っていた『シグリッド』です。

ハリをもたらすヒト幹細胞コスメ「シグリッド 」






効果を期待して、胸を膨らませて早速、開封して使用しています。

効果は?
詳しく、ここでお書きすることは禁じられていますので、
控えさせていただきます。
【満足じゃ】で、ご容赦下さいネ 

使用中に旅先で、私は不注意で派手に転び顔を傷つけました。

20200113miyazaki.jpg

その間も、『シグリッド』は使い続けていました。
醜く腫れていたマブタや頬の腫れも取れて、
それなりの顔に戻りました。
口の悪い友人は、「傷が癒えない方がよかったんじゃな~い」
ああ、そうかもね
なんて、しみじみ鏡をながめて、納得でした。

ヒト幹細胞コスメ【シグリッド 】